HOME >> お知らせ

お知らせ&ニュース

  

赤十字運動月間について

赤十字

平成30年度赤い羽根共同募金配分金による助成事業の実施について

赤羽共同募金の地域配分金を財源とした各種助成事業を実施します。詳しくは下記のリンクから実施要綱をご確認ください。

     ○学校対象:『福祉活動推進協力校事業』
              『修学旅行参加促進事業(小学校・中学校のみ』
     ○町内会対象:『町内会福祉活動推進事業』
     ○福祉団体対象:『福祉活動団体推進事業』

「災害時相互応援協定」調印式について

災害発生時の職員の応援協力をスムーズに行うため、新上五島町社会福祉協議会と「災害時相互応援協定」を締結しました。協定の締結は、平成30年3月12日に行われ、“災害ボランティアセンターの設置・運営”を行うにあたり、自らも被災し十分な活動が出来ない場合には、両社協間で職員の応援を行うこととしています。これを機に、日常からの新上五島町社協との連携をさらに図り、安全安心なまちづくりに寄与していきたいと考えています。

調印式

「平成29年度家族介護教室」について

3月3日(土)、五島市福江総合福祉保健センター2階研修室にて、在宅で介護を行っている家族を対象に標記教室を開催しました。今回のテーマ「基本動作のポイント」についての資料説明後、実際にベッドを使用しての実技を行い、和気あいあいとした雰囲気の中で終えることが出来ました。

家族介護教室

「平成29年度福祉・介護の就職合同面談会」について

長崎県社会福祉協議会主催により「福祉・介護の就職合同面談会」が開催されます。福祉・介護職場へ就職を希望される方、または関心のある方はどなたでも参加できます。

 詳しくはこちらをご覧ください。

就職合同面談会            

歳末たすけあい募金見舞金

【歳末たすけあい配分金事業とは】
 新年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが、地域で安心して暮らすことが出来るよう、住民の参加や理解を得て展開するもので 寄せられた募金をもとに、下記のとおり見舞金贈呈事業を実施しています。

【対象者】 低所得者
 ・生活保護と同程度にある世帯(生活保護世帯は除きます)
 ・平成29年11月1日現在、五島市に居住し、在宅であること
  (社会福祉施設入所、生活支援ハウス、グループホーム利用者等は除く)


【申請書類】
 @平成29年度歳末募金見舞金申請書(PDF 55KB)
  (申請書は民生委員・児童委員宅及び五島市社会福祉協議会本所・各支所にもあります)
 A平成29年度市県民税課税証明書(世帯全員分)
   市役所税務課で申請者が取得して下さい ※要手数料

【申請締め切り】
 平成29年11月22日(水)

【提出先】
 申請者の居住地域の民生委員・児童委員
 (担当の民生委員・児童委員が欠員の場合は、近隣の民生委員・児童委員)

【審査】
 配分委員会で審査し、配分を決定します。

【問い合わせ】
 五島市社会福祉協議会 総務課 山口 電話:(0959)74-5511

第8回GOTO ふれあいまつりフォトコンテスト結果発表

           

  今年もかわいいこどもたちや子育てに頑張るお父さんのすてきな写真をたくさんご応募いただき、ありがとうございました。フォトコンテストの結果は↓のとおりです。

フォトコンテスト 拡大版はこちら(PDF 2,267KB)

GOTOふくしっ子サマーキャンプ2017in福江

            
キャンプ福江  キャンプ福江

            

 平成29年8月21日〜22日、五島市福江総合福祉保健センターにおいて、GOTOふくしっ子サマーキャンプ2017in福江が開催されました。当初の開催日が台風接近に伴い延期となりましたが、児童・生徒28名が参加しました。参加したふくしっ子たちは、1日目、2時間弱で手話ソングを2曲覚え、2日目、五島市の障がい者のことについて勉強し、自分たちで考え、準備したゲームを「はまゆう福祉作業所」の皆さんと一緒に行い、前日に覚えた手話ソングを披露し、楽しい時間を共有しました。最初はお互い緊張していましたが、だんだん笑顔が出てきて、手話ソング披露では作業所の方からアンコールの声が挙がるほどでした。参加者は、この2日間で日常ではできない体験をし、地域や年齢を超えた友達を作ることができたようです。ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。参加者の皆さんお疲れ様でした。手話ソング、最高でしたよ!!

GOTOふくしっ子サマーキャンプ2017in岐宿

            
キャンプ岐宿  キャンプ岐宿

 平成29年8月3日から4日にかけ、岐宿福祉センターにおいて、GOTOふくしっ子サマーキャンプ2017in岐宿が開催され、岐宿・三井楽・玉之浦の小学5年生〜中学生の23名が参加しました。1日目は災害時に関する福祉講話・災害食体験を行い、災害時の判断・行動について、ゲームを交えながら学び、体験しました。午後は、いきいきサロンとのレクリェーション交流会の企画・運営を各班で話し合い、工夫を凝らしたゲームを作り上げました。2日目は、岐宿町18地区のサロンから、代表して23名の皆さんに参加してもらい、4班に分かれ学生といきいきサロンとのレクリェーション交流会を行いました。どの会場からも笑いが起こり、楽しい楽しいと大いに盛り上がりました。参加者の皆さんお疲れ様でした。

民生委員制度創設100周年記念大会

            
民協大会  民協大会

            

 五島市民生委員児童委員協議会連合会では、民生委員制度創設100周年を記念して、平成29年5月19日に記念大会と総会を開催しました。大会では、福江地区と岐宿地区の単位民児協がそれぞれに活動実践報告を行い、福江地区からは「子どもを対象とした活動について」と題し、大型紙芝居を独自に作成し、保育園訪問の際、披露するなど子ども達や施設等とのきっかけ作りの方法を中心とした発表があり、また、岐宿地区からは「障がい者団体への支援活動について」というテーマで、身体障害者福祉協会と協働で取り組んだ会員増強への取り組みと、その後の活動支援についての発表がありました。 事例発表後は記念講演として、長崎県社会福祉協議会事務局長の益本昌明氏より「ひと・まち・ふくし〜地域福祉の推進と民生委員・児童委員」と題し、これまでの民生委員・児童委員の活動の歴史を振り返りつつ、県内の福祉を取り巻く状況や我が事・丸ごとの地域づくりの重要性について大変有意義なお話を頂き、大会も盛会のうちに終了することができました。

「災害時のささえあい研修会」のお知らせ

長崎県災害ボランティア連絡会主催による「災害時のささえあい研修会」が平成29年4月27日(木)に五島市役所3階大会議室において開催されます。

           

もし被災したらそのときどのように救い・守り・支え・支え合うか、何が必要かについて考える研修です。定員は60名(先着順)、参加費は無料です。

お申込みは参加申込書(PDF 231KB)をご覧いただき、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

災害研修 災害研修    拡大版はこちら(PDF 570KB)

第12回五島市老人クラブ大会

            
老人クラブ大会  老人クラブ大会

            

 2月16日(木)に五島市老人クラブ連合会主催の第12回五島市老人クラブ大会が五島市福江文化会館にて開催され、午前中は老人クラブの発展に貢献された会員の方々の表彰式や諫早市老人クラブ連合会副会長の氏原和雄氏による「仲間を増やして楽しいクラブづくり〜会員増強の課題と対策」と題した講演があり、午後からも唄や踊りなど演芸の部で盛り上がり、会場内約1,000名の会員の笑い声が絶えない一日となりました。

第7回五島市社会福祉協議会会長表彰式及び講演会

            
会長表彰式  会長表彰式

            

 平成29年2月12日に「第7回五島市社会福祉協議会会長表彰式及び講演会」を開催しました。表彰式では、日頃から地域福祉の向上にご尽力されている市内の福祉関係者27名とボランティアグループ1団体に賞状と記念品の授与を行い、講演会では神戸市兵庫区社会福祉協議会の長谷部治氏をお招きし、「災害時に強いまちは受援力の強いまち」と題し、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震などに実際に関わった体験を元に大変有意義なお話を聞かせていただきました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。

第10回笑って交流「障がい者和い輪いまつり」

            
和い輪いまつり  和い輪いまつり

            

 12月10日(土)第10回笑って交流「障がい者和い輪い」まつりが福江文化会館で開催され約700名が来場されました。「みんなちがってみんないい」が今年のテーマで、障害者福祉施設の利用者らが練習してきた歌や踊りを披露し、福江中学校の吹奏楽部の演奏や合唱など来場者から大きな拍手を受けました。また、ロビー会場では障害者の手掛けた木工品や日用品の販売も行われ、地域住民とも交流ができて大変盛り上がり、主催した和い輪いまつり実行委員会からも喜びの声がり、とても充実した1日となりました。

五島南高等学校義援金贈呈式

            
贈呈式

            

 平成28年12月22日(金)、県立五島南高等学校の義援金贈呈式に行って来ました。生徒の皆さんが稲作体験で作ったお米を文化祭などで販売した販売益50,000円を「日本赤十字社 NHK海外たすけあい募金」としてお預かりしました。生徒の皆さん、ありごとうございました。早速郵便局より送金させていただきました。

長崎県社会福祉協議会より新規貸付事業募集のご案内

            

〇資格取得のために高等職業訓練促進給付金を受けている方を対象に、入学準備金と就職準備金を貸し付けます。

            

〇出産・育児など様々な理由で介護の仕事を離職して一定の資格及び経験をお持ちの方を対象に、介護の仕事に再就職するための準備に掛かる資金を貸し付けます。

            

〇保育士資格を有するもので、保育士として勤務していない保育士に対し、保育士として再就職を支援します。

            

〇県内の「保育所等」に勤務する未就学児をもつ保育士を対象に、保育料を一部貸し付けます。

            詳しくは長崎県社会福祉協議会ホームページをご覧ください。