HOME >> ボランティアセンター >> 現在のページ

ボランティアセンター ごとう (五島市社会福祉協議会内)


ボランティア情報誌「ボラモン」

footer画像

「ボラモン」とは、”ボランティア”と五島で元気者という意味の”バラモン”を掛け合わせて作った言葉です。
 長崎県内社協イメージキャラクター”いこいちゃん”



ボランティアニーズ一覧

現在、募集を行っているボランティア活動の一覧になります。
ご確認の上、活動のお申し込みをお願い致します。

ボランティアニーズ一覧 (PDF 107KB)


福祉学習(体験・講話)について

五島市社会福祉協議会では、児童・生徒の皆さんの福祉への理解を更に深めるため、学校の授業等へ職員の派遣を行っております。

実施するプログラムは以下のとおりです。

福祉学習メニュー

              
区分 メニュー 主な内容
講話 福祉講話 「福祉とは」「ボランティアとは」など、依頼先の希望をお聞きして講話を行います。
体験 高齢者疑似体験 装具を使い高齢者の疑似的な体験を行います。
 マーク 一度に体験できるのは20名までです。
 マーク 体験は予約制です。(1ヵ月前までに)
 マーク 体験時間は最低でも45分〜50分必要です。
体験 車いす体験 車いすの使い方と介助の方法を体験します。
 マーク 車いすは一般貸出も行っているため、使える
   台数は都度変わります(最大で10台・20名)
 マーク 体験は予約制です。(1ヵ月前までに)
 マーク 体験時間は最低でも45分〜50分必要です。
体験 アイマスク体験 視覚障がいの疑似的な体験を行います。
 マーク 一度に体験できるのは40名までです。
 マーク 体験は予約制です。(1ヵ月前までに)
 マーク 体験時間は最低でも45分〜50分必要です。
体験 点字体験 基本的な点字の読み書きを体験します。
 マーク 一度に体験できるのは40名までです。
 マーク 体験は予約制です。(1ヵ月前までに)
 マーク 体験時間は最低でも45分〜50分必要です。
体験 手話体験 手話の団体をご紹介いたします。
体験 その他 その他の体験・講話についてはこちら
 マーク 『福祉(しあわせ)の絆』(PDF 1.47MB)

五島市災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル

 「災害ボランティアセンター」は、大規模な災害の発生後、ボランティアの受入体制の確保やボランティアによる福祉救援活動が円滑かつ効果的に展開されることを目的として設置されます。
 五島市社会福祉協議会では、長崎県市町社会福祉協議会連絡協議会の災害対応プログラム開発プロジェクト会議の提言を基に、熊本県社会福祉協議会 熊本県災害ボランティアセンター作成の「市町村災害ボランティアセンターマニュアル」を参考とし、引用・転載をさせていただいたうえで作成しております。

五島市災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル (PDF 6.79MB)